0120-872-361

リフォーム

23.横浜市・戸塚区 |玄関ドアリニューアル工事

プランナーからのコメント

・お悩み内容:

コロナ禍における、感染予防対策の為に『毎日来られる生徒様が出入り口ドアノブを触れる為、なにか未然に感染予防ができる方法はありませんか?』と相談を頂きました。

・解決策:

昨年11月に発売されました。LIXILの電動オープナーシステムDOAC(ドアック)

をおすすめさせていただきました。

こちらの商品は業界初の後つけ可能な商品にはなるのですが、、、、

今回、玄関扉の施錠形式・形状について取付が難しかった為併せて、互換性を考慮しましてLIXILリシェントを併せて採用しました。

まるみハウスでは、このようなドアリフォームについてもお請けいたします。

ご相談・お問い合わせについては、こちらから

 

■玄関リフォームの価格と費用っていったいどのくらいの予算がかかるものなの?

玄関のリフォームは玄関ドアだけを変えるのか、その周辺も含めて変えるのかで価格も大きく異なってきます。それぞれの場合にどれくらいの価格になるのかをご説明します。

 

玄関ドアの種類別リフォーム価格について

玄関ドアのリフォーム費用は20万から35万程度がリフォームをする方にとって平均的な価格帯となります。価格の違いを生む大きな要因は、ドアのグレードによる価格差です。断熱性の有無やデザインによって価格は異なってきます。玄関ドアのリフォームで、最も多い価格帯は次のようになっています。

 

・一般仕様:撤去処分費+取付交換費用+玄関ドア費用
    (~1.8万円)+(~5.8万円)+(~25万円)=合計~約33万円 (税別)

・断熱仕様:撤去処分費+取付交換費用+玄関ドア費用
(~1.8万円)+(~5.8万円)+(~30万円)=合計約38万円 (税別)

※上記金額は標準片開きドアの場合です。

 

窓と同様に玄関も空気が出入りする箇所なので、断熱を考えるならば玄関は重要な箇所です。断熱効果を高めたドアは通常よりも5万程度高くなります。

 

玄関ドアのリフォーム価格が高額になる場合について

玄関ドアのリフォームだけであれば、価格は20万程度から可能です。ただし、次のような場合は高額になりがちなので注意が必要です。

 

玄関のドア枠のサイズ変更が伴う場合

既存のドアを交換するだけではなく、サイズの異なるドアを取り付けたり、引き戸を開き戸に交換する場合は別途工事費が掛かってきます。

 

玄関全体のリフォームをする場合

玄関のドアと一緒に収納やタイルまでリフォームをする場合は、リフォーム費用がかさんできます。例えば内壁や天井にまで施工が及ぶかどうかでも金額は変わってきます。

 

玄関ドアを選ぶ際のポイント

玄関ドアのリフォームで最も大切なことは、交換する玄関のドア自体を何にするか決めることです。ここでは玄関ドアを選ぶ際のポイントをお伝えします。

 

ドアの種類やデザイン

ドアを選ぶ際は開き戸、引き戸といった種類の選択と、色や形などのデザインの選択が必要です。ドアの種類を現在のドアから変えるのであれば、変更が可能な間取りなのか、しっかりと確認する必要があります。また変更が可能だとしても、費用的には割高になることは覚えておいたほうがよいでしょう。 そしてデザインについては、家全体のイメージに影響を与えるので、全体のバランスを考えて選択しましょう。最近は色や形も豊富なので、カタログを取り寄せて好みのデザインを選ぶとよいでしょう。

 

玄関ドアの防犯性

デザインの次に考えるポイントは防犯対策についてです。戸建ての場合は特に注意が必要です。新しいタイプのドアは防犯性の高いものが多くなっていて、ワンドア・ツーロックは基本となっています。また鍵自体も防犯性の高い「ディンプルキー」や「ウェーブキー」などが主流になっています。防犯性をさらに高めたい場合は、リモコンで外から開閉できる電気錠システムなどを採用すれば、安全性がさらに高まります。

 

断熱性

玄関ドアを選ぶ際には断熱性も忘れずに検討する必要があります。断熱性がない玄関ドアでは寒さがそのまま家の中に入ってきたり、家全体の暖かさが玄関ドアから逃げて行ったりしてしまいます。家全体の断熱性を考えた場合は、玄関は最も重要な場所になるので、デザインだけで選んでしまわないよう注意する必要があります。

 

まとめ

リフォームの中でも玄関ドアのリフォームは比較的安価に行うことが出来ます。安価ですが、家のイメージを大きく変えることができる上、工期も半日や1日でできるようになりました。 自分にあったリフォーム会社を選び、家全体の雰囲気とあったドアを選ぶことが出来れば、きっと満足できるリフォームが出来るはずです。少しだけ手間隙をかけて、会社選びとドア選びを頑張ってみてください。

カテゴリー

ページトップへ戻る