0120-872-361

お客様の声 Q&A

Q.疑問を少しでも解決!(リフォーム編)

Q.リフォームに関するよくある質問

アフターサービスは大丈夫ですか?

→ご安心ください!私たちは工事中の安心はもとより、工事後の安心を大切に考えています。

当社は【身近な住まいの主治医】を理念として活動させていただいてます。だからこそお引渡し後も末永くお付き合いをさせていただきます。またいつでも相談できる安心感を目指しています。

家は何十年も住み継ぐものですので、むしろ施工後の方が大事といっても過言ではありません。

いざという時に頼りになるパートナーであり続けます。

住宅あんしん保証が提供するリフォーム工事瑕疵保険取り扱い店です。

安心・安全なリフォーム工事をバックアップします!

あんしんリフォーム工事瑕疵保険とは、請負契約に基づきリフォーム工事をした部分の瑕疵(欠陥)による不具合の修補等を行う資力を確保するために、リフォーム事業者が利用する保険です。※加入については任意です。

 

工事見積りに料金はかかりますか?

→基本的に見積りに料金はかかりません。お気軽にご相談下さい。

 

相談したり見積りをお願いしたらしつこくセールスしてきませんか?

→弊社は頻繁に電話したり、必要以上に営業訪問したりすることはありません。リフォームの場合は、お客様のお住まいの状況を実際に見て確認しないと正確な金額が出ないケースが多いですし、いい提案やプランもできません。見積り後に断っていただいても構いませんから、積極的にご相談ください。その代わりにお願いとして安易な見積りのご依頼はお断りします。

 

満足いくリフォームをするポイントは何ですか?

→現在の住まいへの不満を弊社指定のお客様カルテにご記入して頂きます。漠然としたものが整理されて、リフォームする箇所の優先順位や配分も決めやすくなります。

また、リフォーム雑誌や本で情報を収集したり、イメージを伝えやすい写真などがあれば打合せの時にお話し下さい。

住宅設備機器などは、ショールームに行って実際の使い勝手や、寸法をチェックするのも失敗しない為のポイントです。

積極的にご相談ください。

 

相談の際に準備するものはありますか?

→平面図や建築資料があると助かります。

またお客様のご要望など箇条書きでも構いませんのでイメージがわかる資料がありますとなおお話しやすいです。

 

住みながらでも工事はでいますか?

→一戸建てでもマンションでも住みながらで大丈夫です。大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1・2階に分けて工事することができます。ただし、水廻り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えないことで不便な面はでてきますので、考慮しておく必要 があります。

 

リフォームの工事は何日くらいかかりますか?

→工事にかかる日数は、リフォーム内容や建物の状況によって違ってくる為、一概にはお話できません。解体してみて問題が見つかる場合もありますので、予定よりも工期がかかることがあります。より良い工事期間をご提案いたします。

 

オール電化にすると月々の光熱費はどう変わりますか?

→オール電化にすると、電気代、ガス代と分けて出費していた光熱費をひとまとめにできることから、基本料金だけでも大きなメリットが生まれます。

 

小さい工事でも対応してくれるんですか?

→もちろん対応してます。弊社では小さい工事から信頼関係が生まれると、考えています。小さい工事はもちろんのこと、どんな些細なことでも対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

リフォームで住宅の断熱向上はできますか?

→近年建築業界では地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。そんな中、省エネ住宅促進が騒がれており、高断熱性能、省エネ設備機器、HEMS、太陽光発電システム等を組み合わせ、エネルギー消費を上回るエネルギーを自宅で発電し、エネルギー収支をゼロまたはプラスにする住まいのことを言います。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い= ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れたり、内付けサッシをつけたりと、いくつか方法はあります。

同時にきちんとした防湿対策、通風、換気計画も必要です。

 

リフォームで防音や遮音対策はできますか?

→壁は、ボードを2重貼りにしたり、グラスウールを入れたり等の方法があります。床の場合は、下地を二重床にしたり防音フローリ ングを用います。また、プランニング時に水廻りの壁の横に 収納を配置するなども、水音などを軽減するのに有効です。オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具を用います。スペースがあればユニット型の防音室を設置する方法も検討されるといいでしょう。

 

住宅のリフォームで間取り変更は自由にできますか?

→家屋の構造によってはできないリフォームがあります。下記内容です。

■在来工法(最も多い一般的な木造住宅)

木造住宅の中では、法的な規制を守ればかなり自由にプランできます。ただし、一部屋を大きくする、大きな開口部を設けるときは、補強なども必要なので検討が必要です。

■2×4工法(輸入住宅、メーカー系住宅)

壁で建物を支える構造の為、間取り変更は制約が多く、壁を壊して部屋を広げるなどの 増改築は難しいと考えたほうがいいでしょう。

■プレハブ工法(メーカー系住宅など)

メーカーにより材質や工法はまちまちですが、一般に壁パネルを合わせた工法の為、 開口部を設けたり壁を取り除いたりには制限があります。

■鉄骨造

在来工法でいう筋かいと同じようなブレースが壁面に入っている為、壁を取り除いたりには制限があります。

■鉄筋コンクリート住宅

柱と梁以外は自由に間取り変更が可能です。ただし、面積が広い住宅で補強のコンクリート壁が設けられている場合、その壁は壊せません。

 

リフォームローンにはどんな種類がありますか?

→現在、リフォームローンは、住宅金融支援機構の財形住宅融資などの公的リフォームローンの他、銀行ローン、ノンバンク系などの 様々な民間リフォームローンが提供されています。資金計画・返済計画を決めるにあたって、各リフォームローンの商品性の違いを確認しましょう。お気軽にご相談下さい。

 

リフォームってそもそもどんな事をするんですか?

→リフォームとは、

『壊れてしまった!どうしよう…』という、修繕などのお急ぎのご依頼や、

『もっと住みやすくするにはどうしたらいいんだろう?』・『大事な我が家を長持ちさせるには…』といったご要望に応える改築など、

家を建てた後に手を加える全ての工事のことです。

ページトップへ戻る