0120-872-361

商品のご案内

ビュッフェスタイル注文住宅 Buffet Style Order House

定額制のビュッフェ住宅って?

家づくりを楽しめる、注文住宅の新しいカタチ。食べ放題のビュッフェ『決まった価格好きな素材を自由に選べるいたってシンプルでわかりやすい』が、提案する注文住宅のスタイルです。

ビュッフェスタイル注文住宅3つの特徴

坪数で建物価格が決まっています。

あらかじめ坪数に対して建物価格がハッキリ決まっているので、シンプルで解りやすく、予算も立てやすくなります。

本物の自然素材を、追加料金なく自由に選べます。

床や壁に使用する素材は、全棟自然素材が標準仕様。まるみハウスが厳選した100種以上の自然素材から、お客様が自由に選べます。
「ビュッフェスタイル」ですから、何を選んでも追加料金はありません。

諸経費など全て含めた、親切価格表示です。

建築費以外の細かい諸経費も、最初から全て見積りに含め掲示します。
「見積りと最終金額が全く違う」なんて事は、ありません。

詳細はこちら

家族の憩いをプロデュース Marumi premiumHouse

まるみハウスプレミアムとは?

お住まいでの問題は大なり小なり千差万別です。
大工職として様々な現場に携わっている中で「○○の工事ってどこに頼んだらいいの?」と言うようなご質問をお客様から多くいただいたことがありました。

その背景にはインターネットで何でも調べたりできる便利な時代がゆえにお客様自身どの情報が本当に正しい情報なのかわからなくなっていることが原因だと私は考えています。

そんな住宅に関する疑問に悩まれているお客様のお悩みを解決するために生まれた商品が、この度ご提案させていただく「まるみプレミアムハウス」です。

「まるみプレミアムハウス」は弊社のコンセプトでもある「住宅に関するお客様に寄りそった主治医」を元に、4つのプランから選んでいただけるわかりやすい商品です。

  • AStyle-1スタンダードベーシックⅠ・・・どんな方にも愛される家
  • BStyle-2スタンダードベーシックⅡ ・・・家族の成長とともに暮らし方を変えられる団らんのある家
  • CStyle-3デザイナーズベーシック・・・家の魅力を最大限引き出す為に生まれた家
  • DStyle-4自然素材ベーシック・・・・オーガニックなアウトドアライフを満喫する開放的な家 

まるみハウスが掲げている家づくりのモットー

  1. いつまでも安心な家づくり・・・家を建てた後も豊かに暮らせる資金計画
  2. 家族が安全に暮らせる家づくり・・・高い耐震性や耐久性だけでなく、防犯性や家庭内事故も配慮
  3. ずっと快適に過ごせる家づくり・・・家族みんなが何十年経っても過ごしやすい間取り
  4. 家族の健康が守れる家づくり・・・体にやさしい材料の使用、自然の光や風を活かすプランニング

まるみハウスが手掛ける住宅の基本

あなたは誰の為に家づくりをしますか?自分のため、妻のため、愛する子供たちのため・・・理由は様々です。
大切な『オンリーワンの家づくり』をまるみハウスにお手伝いさせて下さい。

あなたのために徹底的にサポートさせていただきます。もちろん、アフターケアもご安心ください。
まるみハウスはお客様の家と末永く寄り添っていきます。

スタンダードベーシックⅠ

どんな方にも愛される家

ごくごく一般的な仕様を盛り込みました。木造軸組戸建て注文住宅です。初めての家づくりのお客様から建て替えをお考えのお客様までどなたからも、家づくりを楽しんでいただける標準プランです。

スタンダードベーシックⅡ

家族の成長とともに暮らし方を変えられる団らんのある家

忙しい子育て世代に配慮した、使いやすい家事動線や間取りが特徴的。365日帰りたくなるような家づくりがコンセプト、将来のお子さまの成長に合わせて間仕切りを自由に変更できる可変性のあるプランです。また収納や趣味のスペースなどを確保した注文住宅です。
高齢者社会に伴い家族同居をお考えのお客様にも必見です。

デザイナーズベーシック

家の魅力を最大限引き出す為に生まれた家

オシャレで独創的な空間設計と素材を活かした家づくり「かっこいい生き方」をカタチにし、家族みんなが笑顔で、快適な暮らしを実現します。家を構成する部材の見え方をいかにシンプルかつ綺麗にみせるかにこだわり、シンプルで細部に美学を浸透させることで、装飾を超える洗練されたモダンデザイン住宅「他の家とはちょっと違うオシャレなデザイン」、「外観も室内も洗練され、ちょっと自慢したくなる家」、そんな自分らしく、かっこよく生きたい人のための家です。

自然素材ベーシック

オーガニックなアウトドアライフを満喫する開放的な家

人工的なモノで造られた家は、どこか不自然・・・昔から日本に根付く家づくりは失われた?しかし、戦後の家づくりは高度成長の時代と共に、新建材と呼ばれる石油化学製品や自然素材に似せた、まやかしの材料による家が増えたのも事実なのです。自然素材の主なイメージとはなんですか?

  • 紫外線の呼吸率が高く目に優しい。
  • 木の床は適度な弾力があり、衝撃を吸収するので膝を痛めない。
  • さらに感触が良く断熱性が高いので肌触りが良い

など、木はたくさんの特質を持っています。
忙しい日々を過ごしている多くの現代人にとっての癒しは、自然素材と人工材を融合させた、木の香りや空間が生み出す憩いの場です。

ページトップへ戻る