まるみのリノベーション

リノベーションとリフォーム

最近、「リノベーション」という言葉をよく耳にするようになりましたが、具体的に「何だろう?」と分からない方も多いかと思います。また、「リフォーム」という言葉もあるため、「リノベーションとリフォームはどう違うの?」と疑問に抱く方も多いようです。実際のところは古くなった住宅に手を加えるといった意味では違いはないのですが、「工事をする規模」と「完了後の住まいの性能」に違いがある、とされています。
ここでは、それを分かりやすく説明をいたします。

リノベーションとは

住宅の間取りなどで古い物、使えるものを有効活用し、性能を新築状態よりも高めることや新しい価値を生み出す改修を指します。リノベーションでは配線や配管のインフラ部分を刷新できることから住宅の価値向上に役立っています。間取りの変更や耐震性・耐熱性の向上もリノベーションには含まれます。

リフォームとは

時間を経て老朽化した建物を新築した当時に近づけるための改修を指します。クロスや床の張り替えなどの小規模な工事や、キッチンなど設備の取り替え、外壁の塗り替えなどが主な施工内容です。リフォームには「(新築当時の)元に戻す」という意味合いが強いです。

リノベーションとリフォームの違い

上記を踏まえて表にまとめると下記の様になります。

  リノベーション リフォーム
目的 住む人のライフスタイルに
合わせて、既存の物件の
空間を「再設計」すること
老朽化などの理由から
部分・表面的な箇所を
「回復・修復」する事
用途例
  • ライフスタイルに合わせて間取りや位置を変更したい
  • 断熱・耐震補強など住まいの性能を向上させたい
  • 将来的な売却を見据えて機能的な設備を入れ替え、資産価値を上げたい。
  • 古くなった壁紙を張り替えたい
  • 畳をフローリングに変更したい
  • 外壁や屋根を塗り替える
費用
  • 800~1,500万程度だが、内容により2,000万円~3,000万円と高額になる。
  • 費用には工事費・諸経費・デザイン料が含まれる。
  • キッチン・浴室・洗面所などの水回り
    →50~150万円程度
  • 外装
    →一坪当たり3万円程度
  • 内装(小規模)
    →10万円程度
  • 内装(大規模)
    →100万円程度

リノベーションが注目されている理由

リノベーションが注目されているのには以下のような理由があります。

  • 新築以外にも選択肢が広がる
  • 環境保護に役立つ
  • ライフスタイルの変化が著しい

以下にて、それぞれの詳しい内容を解説していきます。

新築以外にも選択肢が広がる

戦後の高度成長経済期から、新築された家が最もステータスが高いとされる「新築住宅至上主義」という価値観が重要視されてきました。
それによって、おおよそ30年の周期でスクラップ&ビルド、つまり建物を壊して建設し直すという行為が繰り返されてきました。

ところが現在では、土地や建築資材などの価格が著しく高騰しており、新築物件の購入に難色を示す人が多くなっています。

また、新築物件においても構造物計算書偽造問題の事件があり、安全な住まいや物件購入費に対して、消費者の理想とかけ離れているのが現実です。

そのため、希望のエリアに住みたいのであれば、そのエリアのリーズナブルな中古物件を購入して、リノベーション工事を行うという選択肢が増えている傾向があります。

環境保護に役立つ

上記の通り、新築ではスクラップ&ビルドが繰り返されてきたことにより、大量の廃材が出てしまい、その処分により環境を破壊する動きに繋がってしまいました。
その点を改善する観点からも、リノベーションが注目されてきている理由の一つになります。

いまある住宅の使える部分は残して、改修してよみがえらせるリノベーションは、環境保護に大きく貢献しています。

ライフスタイルの変化が著しい

新築でマイホームを取得すると、家族で何十年と住み続けていくケースが多いかと思います。
しかし、月日が流れていくにつれて、家族それぞれのライフスタイルも変わっていきます。

その間に住宅や設備も劣化していくため、メンテナンスをしなくてはいけません。

最近では、高齢になった家族のために、段差を減らすバリアフリー工事を含めたリノベーションを行うご家庭が増えています。

リノベーションでは住宅を自分好みに設計できるので、メリットも多いです。

ただし、中古物件の購入は思わぬ出費に悩まされる可能性もあります。

昨今では、セルフビルド・DIYへの関心が増加傾向にあります。
新築住宅でなくとも十分満足のいく暮らしができることをもっと皆さんに知っていただきたいという思いもあります。

新築住宅建築をお考えの方やリノベーションに興味のある方は、セルフビルド・DIYも推奨している弊社にお気軽に声をかけて頂き、満足のいく工事となるようにしましょう。

ページトップへ戻る